トルコは危険?

日本で普通に生活しているとあまりトルコの情報が入っていこないため

あまりなじみが無く、イメージがわかないかもしれません。

トルコはアジアとヨーロッパを繋ぐ位置にあり、日本から直行便で12時間ほどです。

日本とのつながりとして、1890年エルトゥールル号遭難事件で日本がトルコ国民を手厚くもてなした事により、トルコは親日の国となりました。また、1985年のイラク・イラン戦争時にイラクのフセイン大統領が『今から40時間後から終戦まで、イラン上空に飛ぶすべての飛行機を撃墜する』と宣言した際に、日本政府の対応が遅れたためイラン国内に日本人216名が取り残されました。その時にトルコ政府はトルコ航空をイランにチャーターし、日本人をトルコ国内へ避難させてくれました。映画にもなりましたので、興味のある方はぜひ見て下さい。

2017年の人口は前年より99万人増え約8000万人となりました。

ここ最近ではトルコ政府はアメリカとケンカしてみたり、トルコの通貨であるリラは暴落しており、政治的に不安定ではあります。

 

気になる治安ですが、かなり良いです。

じつはトルコは世界で6番目に観光客が訪れる国です。
ちなみに1位はフランスで、日本は16位です。

現地の人はとてもフレンドリーで、道に迷った時も親身なって助けてくれました。
アジア人に対する差別意識はないと思います。


海外にあまり行かれない方は、フランスはテロのターゲットになっているので怖いと思われているのではないでしょうか?確かにテロが起きたという事実だけみれば、恐ろしいと思うのは当然ですが、案外地元では普通に暮らしているものです。

日本で原発事故が起きた時も、我々日本人は普通に暮らしていたように、、。

結論としては、トルコは非常に安全であると言えます。

特に医療目的として訪問した場合は、そんなに動き回る事も無いでしょうから

さらに安全です。

医療目的であっても、
折角トルコまで来たのであから、色々見て回る事をお勧めしますが、、、。

2018年08月03日